お気に入りのプロダクツ

トレーラーに載せている お気に入りのプロダクツ紹介

トレーラーに乗り始める前は、デリカスペースギアでオートキャンプを楽しんでいた。その期間は20年ほど…。毎年少しずつ道具を買い足したり、更新した。最終的にはスペースギアのサードシートを跳ね上げて、荷室いっぱいに装備を詰め込んで、九重にあるお気に入りのキャンプ場にちょくちょく出掛けていた。

そのときを今でも懐かしく思い出す。なんせ装備が多すぎて、初日は積み込みと設営、最終日は撤収と倉庫搬入でとても大変だったが、自然に囲まれたお気に入りのキャンプ場で過ごす、ゆったりとした時間は何事にも代えがたい至福のなひとときだった。

さて、トレーラーデビューを果たした後は、楽しみ方が大きく変わった。オートキャンプの必要機材は、トレーラー旅のそれとはかなり違う。しばらくはキャンプグッズも倉庫に大切に保管していたが、最近になって、もう使わないと思えるものは、人に譲るなどして処分した。

ただ、トレーラー旅でも役に立つキャンプグッズもたくさんある。そういうもののうち、私自身が気に入って使っているものをこのページでは紹介していきたい。もちろん、トレーラー旅になって新しく買い揃えたものもある。それも合わせて順次紹介していきたい。掲載順は思い出した順、あるいは気が向いた順であって、お気に入りの順番などではない。内容も、他の製品との比較検討をしたわけではないので、あくまでも個人的な感想である。そして、個人的には、ほんとうに気に入っているものだということを、お断りしておきたい。

お気に入りグッズリスト(辞書順)

セパレートシュラフ オフトンワイド   スノーピーク 封筒型シュラフ 
fanマルチロースター   UNIFLAME/ユニフレーム

調理用具

UNIFLAME/ユニフレーム/fanマルチロースター

記載日: 2021年 6月16日

オートキャンプを楽しんでいた時代から使用している。メーカーサイトには発売年が1985年度とあるが、それから数年も経たない早期から使い続けている。つまり、購入後30年ぐらい経っているのだが、問題なく現役で使用できている。耐久性抜群

No.660072 fanマルチロースター メーカーサイト

食パンを焼くときは、網を逆V字型にセットする。ロールパンの場合は網を両側のフックに引っかけて、フラットにする。

オートキャンプ時代にはツーバーナーやシングルバーナーの上に載せて使用していたが、トレーラーのガス台でも当然、同様に使用できる。そして、マルチロースターの下のメッシュが、炎に触れて真っ赤になるため、遠赤外線が発生し、焼き物が一層、美味しくなる

収納がコンパクトなので、一般的なトースターなどに比べて、片付け時に場所をとらない。ただし、トースターのように時間が来たら自動的にパンが飛び出し、焼き上がりを知らせる機能は付いていないので、別のことをやっている隙に、つい焼きすぎてしまうことがある。これには十分注意が必要だ。

収納箱は元々の製品箱を使っているが、こちらは紙製なのでボロボロになっている。それでもよく耐えている方だと思う。布袋などを別に用意する方が良いのかもしれない。

☆ 楽天市場で購入 ☆

☆ Amazonで購入 ☆

関連ブログページへ

寝具

スノーピーク 封筒型シュラフ セパレートシュラフ オフトンワイド

掲載日: 2021年6月16日

これもオートキャンプ時代から使用している。これを使う前にはタッカーの封筒型のシュラフを使用していた。使えなくなって買い換えたわけではなく、これをこども用にして、大人用は新たにワイドサイズにしようという作戦で購入。結果的に比較検討できるようになった。

ただし、私が使っているものは、10年以上前の製品なので、現行品の方がバージョンアップしているに違いない。タッカーのはそれこそ30年ほど前のものだ。

スノーピークのサイト オフトンワイド103のページ

まず、オフトンワイドになって良くなった点は、開発コンセプトが“ふとん”のような寝心地とうたっているように、中綿の量が増えて、クッション性と保温性がアップしている。しかし、逆に袋に収納する際は、このクッション性のために、小さく丸めるのにはかなり力が必要だ。そのため、丸めた後絞り込むためのバンドが標準添付されているほどだ。オートキャンプ時代には、必死で丸めて袋に押し込んでいたが、トレーラー時代になったあとは、袋に入れるのをやめて、後方ベッドの隅に畳んで置いている。まさに布団状態だ。

普通に1つだけ使用する場合でも“ワイド”というだけあって横幅が広くなって、ゆったりしている。

足の部分は、下20数㌢分だけ袋状になっており、表に折れば足も出ないようになり、裏に折れば足先だけ出せるようになる。これで繊細な体温調整が可能になっている。

また、ファスナーは両サイドに付いているため、上と下を完全に切り離すことが可能。暑いときには、上の部分だけを横向きにしてお腹の上だけに載せることだってできる。両サイドファスナーの威力は、複数のシュラフを連結できることだ。タッカーは片側ファスナー方式だったが、これでも2つまで連結可能で、ダブルサイズにすることができた。しかし、オフトンワイドは、両側ファスナーのため、3つ以上の連結も可能だ。3つか4つ繋いで、家族全員が一つのシュラフで寝るということも可能になる。ただ、問題はトレーラーの場合、ダブルベッドの方でもオフトンワイド2つ分の方が幅広で、それ以上は置くことができない。

トレーラーには基本的にファンヒーターが付いているので、下限温度5度、快適温度10度の方で十分だが、一度だけファンヒーターの灯油を切らして、真冬の旅で寒い思いをしたことがある。まぁ、服を重ね着するだけで解決する程度の問題なのだが、寒がりの人は、下限温度3度の方にして置いても良いだろう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!